酵素不足で代謝と解毒が追い付かなくなる

限定生産された酵素から代謝に使えるのは、酵素の全体量から消化に使った分を差し引いた残りだけです。

 

もし、消化にほとんどの酵素が使われてしまうと、代謝に使える酵素がほんの少ししか残らず、代謝機能が大幅に落ちます。
消化されてバラバラに分解された食べ物は、代謝によって別のものへと作り変えられるのですが、酵素が足りなければ体に貯蔵しておくしかありません。
大食いすると太るのは、消化のために酵素が大量に使われて、代謝する為の酵素が足りないということでもあるのです。

 

さらに、代謝の中には解毒作用も含まれています。
解毒とは体に有害な物質を無毒化することです。

 

例えば、アルコールには身体に有害な物質が含まれていますが、解毒作用のおかげで酔いからさめます。
農産物の残留農薬も体に有害なものですから解毒が必要です。

 

しかし、消化でむだ使いした残り少ない酵素では解毒が追い付かなくなります。

 

すると、有害物質を無害化して排出する力も弱り、病気を招きやすくなります。

 

 

酵素ドリンク人気おすすめランキング!酵素ドリンクで素敵女子!